南部杜氏の里・岩手県で大正から続く蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」から『岩手の蔵元が直送するおいしい地酒と地ビール』 をお届けします。贈答用に、ギフトに、お取り寄せに。

家飲み応援バナーいわて蔵ビールシードル

全国8位南部杜氏鑑評会金賞新酒

商品検索

送料全国一律900円(離島・クール便も同額!)1梱包10800円以上送料無料!
コロナ応援企画

HOME > 一ノ関・平泉 餅食文化 餅(もち)ギフト > 一関・平泉餅食文化 果報餅(かほうもち)ギフト 1セット

果報餅(かほうもち)って?

岩手県南部に伝わる縁起のいいもちのこと。
その由来とされているのは、お大師様(弘法大師)にお供えしていた「果報団子」。
昔は果報団子のいくつかに萩の小枝を入れておき、それが当たった人には幸運が訪れると伝えられていました。
果報餅

一関・平泉のもち食文化

岩手県の一関・平泉は、古くからもち食文化が受け継がれている地域。季節の行事や人生の節目、冠婚葬祭や客人へのもてなしなど、「ハレの日」にはもちが食べられてきました。この地域のもち料理は約300種類にのぼるほか、もちに関する儀礼や言い伝えなども多く残されています。この一関・平泉のもち食文化は、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食=日本人の伝統的な食文化」のひとつとしても認められました。

代表的なおもちの種類

小豆あんこもちは一関・平泉の冠婚葬祭に欠かせない食べ物。
ずんだ枝豆をすりつぶしたもの。「豆打(ずだ)」が名の由来という説も。
しょうがしょうがのおろし汁やシイタケが入ったとろみのある醬油だれ。
くるみ味付けは塩、醬油、砂糖。醬油の代わりに、味噌を使う家庭もある。
じゅうねエゴマのことを東北では「じゅうね」、「じゅうねん」という。
きなこ一関地方では小正月の田植え行事できなこもちを食べる。
ふすべすりおろしたゴボウと大根に、唐辛子も加えてピリ辛に。昔はドジョウを入れたが、今は鶏ひき肉を使うのが主流。
沼えび岩手の伝統食材、沼えび。炒ってから味を調え、もちと合わせる。
ごま黒ごまを丁寧に摺り、なめらかな舌触りに。
岩手県産もち米を使用

※写真はイメージです。

一関・平泉でなじみ深い9種類をお土産用にしました。
ご購入はこちらから
一関・平泉餅食文化 果報餅(かほうもち)1セット
一関・平泉餅食文化 果報餅(かほうもち)1セット

9つの種類の餅セット一関・平泉餅食文化 果報餅(かほうもち)ギフト 1セット

商品番号 kahoumochi

当店特別価格1,620円(税込)

[15ポイント進呈 ]

数量
クール便でお届けします

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

モーニングショーやケンミンショーで紹介された一関の伝統食「もち食文化の果報餅(かほうもち)」様々な味の餅が楽しめます。

こちらの商品は冷凍商品です。お酒ビールとは同梱できませんのでご確認ください。

世嬉の一酒造飲み比べ

震災10年、感謝のビール

福袋

幸せの青いビールブライダルギフト!

こはるコーラ
蔵ウラーグラウラー

味変できるグラウラーはこちら!




山椒ビール
山椒ビール