HOME > いわて蔵ビール(地ビール) > 三陸広田湾産牡蠣のスタウト(オイスタースタウト) 330ml

三陸広田湾産牡蠣のスタウト 2006年 ジャパンアジアカップ金賞!

『岩手の雄大な風景を思い、自然の偉大さを感じるビール!』 

三陸広田湾産牡蠣のスタウトを今すぐ購入する

三陸広田湾産の牡蠣を使用したスタウトとは・・・(オイスタースタウトの由来)

19世紀から20世紀の変わり目に、イングランドのコルチェター・ブルーイング社が「オイスターフィ-スト・スタウト」というビールを醸造し、毎年オイスターの季節に売り出したのが始まりです。 その後いくつかの醸造所で生産され、一時はイギリスからアジア・アフリカ・アメリカにまで輸出していました。しかし、1960年代後半に生産が中止され、約30年間は製造されなかったのですが、最近アメリカで復活していました。 また、黒ビールと牡蠣の取り合わせが美食家に流行しだしたのは、それより昔の1759年に「ギネススタウト」が生まれたからです。
オイスターのデリケートな潮の香りとスタウトの強い麦芽風味は口の中で誠に絶妙なハーモニーを奏でるため、この2つの酒と料理の組み合わせがもっとも理想的なサンプルになったからです。 (世界ビール辞典より引用)



いわて蔵ビールが牡蠣のビールを醸造したのは・・・ (醸造までのお話し)

いわて蔵ビールが、三陸牡蠣のスタウト(液種:オイスタースタウト)を醸造し始めたのは、2003年からです。 以前から、東北らしいビールを醸造したいと考えており、多くのお取引先に、オイスタースタウトというビールがあり、東北のビールとして開発したい事をおつたえしておりました。 最初に話に乗ってくれたのが、陸前高田地域振興株式会社様、広田湾の美味しい牡蠣があることをおしえてくれました。広田湾の牡蠣は、森に植林することからはじめる海づくりから行っているところです。美味しい牡蠣を手に入れることができました。 また2003年に試作に踏み切れたのです。 仕込んでみると、発酵が他のビールよりも激しく、ほのかな磯の香りがびっくりするくらい、ビールにあい、嬉しくなりました。

三陸広田湾産牡蠣のスタウトを今すぐ購入する

広田湾の牡蠣
陸前高田の広田湾で牡蠣の養殖を行っている千田さん。 海の男の強さとやさしさを感じる方です。 でも全然お酒は飲まないそうです。

森を造ることからはじめる牡蠣の養殖。土作りからはじめる農業と共通するものがあります。

陸前高田地域振興株式会社の佐藤課長。 様々なアイディアを商品化している方です。
笑いの絶えない、牡蠣むきのおばさんたち。岩のような牡蠣を手早く向いています。 牡蠣の殻についたものを鉈のようなもので落としていました。器用に白い美しい牡蠣の身を向いています。
  大きな牡蠣になるまでキレイな広田湾で生育させます。水揚げされた牡蠣。大きさによって分けます。
槽 1000万円〜4000万円するベンツ並みの漁船。すごいですね。牡蠣の殻が海を覆っていました。
岩にも牡蠣がびっしり育っています。 千田さんのお母さん。 から付きのままで発送を行うさ作業です。から付きの牡蠣の発送作業。 宝石のように見えます。

三陸広田湾産牡蠣のスタウト6本セットを今すぐ購入する

オイスターを使用した黒ビール「三陸広田湾産牡蠣のスタウト」! 濃厚で、さっぱりとした後味が最高のビールです。

三陸広田湾産牡蠣のスタウト(オイスタースタウト) 330ml

三陸広田湾産牡蠣のスタウト(オイスタースタウト) 330ml

  • オススメ
  • 定番ビール

商品番号 5

定価518円のところ
当店特別価格518円(税込)

[5ポイント進呈 ]

数量

商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

 2006年ジャパンアジアビアカップ金賞
 2008年ワールドビアカップ銀賞

岩手・三陸広田湾産の牡蠣の殻と身を使用し、醸造したビール。
伝統的なアイルランドのビールであるオイスタースタウトをいわて蔵ビールが再現・復活させました。
牡蠣の殻は発酵をよくし、身は黒ビールに奥行きを与えます。濃厚ですが、さっぱりとした後味が最高のビールです。
(※現在は震災の関係で三陸の牡蠣は使用しておりません)
 
容量 330ml
原材料 大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ・牡蠣・牡蠣殻
アルコール度数 7% 
スタイル フォーリンスタイルスタウト
保存方法 冷蔵保存 
保存期限 4ヶ月

 

いわて蔵ビール〜日本初ビールのモンドセレクション受賞

ビールチャート表

ビールチャートヴァイツェンボックヴァイツェンレッドエールスタウト牡蠣のスタウトバーレーワインインディアペールエールBravo!R-IPAおおきに社長自然醗酵ビールパッションエールサムシングブルー東北復興支援ビール福香(ふくこう)桜酵母のビールジャパニーズハーブエール山椒ゴールデンエール金色堂
店舗よくゴクゴクいけるタイプ。1杯目に特におすすめ。 濃厚なビール…1口1口の飲みごたえがあり、じっくり味わいたいタイプ。2杯目から〆に特におすすめ。 ※右上にあるビールほど、より濃厚に・より苦くなり普段飲みなれているビールとはかけ離れた味わいになっていきます。

いわて蔵ビールについて〜匠の技術、作りのこだわり〜

「いわて蔵ビール」は、平成7年、地元企業5社で立ち上げた協同組合です。世嬉の一酒造の酒造りの技と、醸造士の新たな知識と技術により生まれました。蔵ビールは、大手ビールメーカーのビールと違い、室温で活発に発酵させることによって風味豊かでビタミン等微量栄養素の富むビールを醸造し、その風味や栄養素を損なわないよう、ろ過、殺菌を一切行っておりません。 新鮮で健康的なビールをお楽しみ下さい。

地元岩手・一関の良質な水

「いわて蔵ビール」は良質の岩手の水に、特殊な処理を加えた波動の高い水で仕込んで(生体エネルギー仕込み)います。 定評ある上質の味はもちろん、地球環境やからだにやさしいビールです。

美味しく飲める温度は13℃前後

いわて蔵ビールは、冷やしすぎが大敵。エールビールは香りとコクが命。美味しく飲める温度は13℃前後です。(通常のキンキンは5℃前後) ぬるめと感じるくらいがおいしい温度です。

いわて蔵ビールについてもっと知る